11.02.2014

「天守」終演


昨日、おかげさまでtpt#90 「天守物語」全日程が終了しました。

BankART Studio NYKという、

横浜の日本郵船の旧湾岸倉庫で行われている、

「東アジアの夢」と題したイベントの一環で、

亡くなった舞台美術家朝倉摂さんのトリビュート公演でした。

19時までは展示スペースになってるので、

20分程度の時間で上演できる形に仕込みます。



舞台には朝倉さんが生前お描きになった馬の絵が飾られ、

絨毯と椅子が幾つかおかれているだけの簡単な装置。


ここで6日間、山隅九平という役を演じさせていただきました。

登場人物の中で、唯一人間同士の会話がなされるシーンで、

現代社会を風刺したコミカルなシーン。


めちゃくちゃ勉強になりました。

でもやっぱり常に勝負かつ挑戦ですね。


前回tptに参加した際にも感じたのですが、

一つの台詞には何万通りもの言い方があるし、

動きだって無限の可能性がある。

決めずにその場で生きることで、

自分の想定にないものが生まれる可能性がある。

今回は和物ですし、現代の作品ではないながらも、

自由度が効くパートで、不自由な自分にたくさん試させていただいたこと、やはり感謝です。


ご来場いただいたみなさま、関係者のみなさん、

ほんとにありがとうございました。


また、近いうちに舞台でお目にかかれるよう精進します。


0 件のコメント: